ツーリストママの日本全国子連れ旅

4歳と2歳の子連れ旅行ブログ。

宮古島東急ホテル&スパリゾーツ 子連れにおススメポイントと注意点

f:id:yuka0204bluemoon:20180828060915j:image

宮古島子連れ旅行

台風トラブル乗り越えて、行ってきました、宮古島

今年の八重山は天気が不安定なようで、私たちも晴れたり雨に降られたりして、プラン立てがとっても難しかったのですが、子供たちは楽しんでたので、良かったです。

 

宮古島東急ホテル&スパリゾーツ

では、忘れないうちに宿泊レポ。

子連れで宮古島で宿泊を検討するときに必ず候補にあがると思われる東急。

宮古島東急ホテル&リゾーツ 公式サイト

子連れにおススメポイントと、気をつけるポイントをまとめておきます。

おススメポイント

とにかく子連れに気がきく

宿泊客の8割が子連れなのではないかと思うくらい、子連れが多い!

そのためスタッフも子連れの気持ちがよくわかっていて、痒いところに届く気遣いをしてもらえました。

例えば、夜、ホテルの周りの植物園を家族で探検しようとして、スタッフにオススメの道を尋ねたところ、道を教えてくれると共に「懐中電灯持ってきますね」と、何も言ってないのに懐中電灯を2本も貸してくれたり。

海で目一杯遊んだ帰り、子供二人が車で爆睡してしまったときには、まずロータリーで車の扉を開けてくれるときから後部座席の子供の様子を見て、小声で話してくれて、更に、子供を抱っこして部屋まで運ばないといけない私達のために、駐車場まで車を停めに行ってくれたり(鍵は後でフロントに取りに行けばオッケー。駐車した位置の地図までくれる)

とにかく痒いところに手が届くホスピタリティ!!

 

子供が食べやすい朝ご飯がある

朝食付きプランにしていると、ブュッフェと和食の定食とが選択できます。2歳の娘は無料。

ブュッフェの方は、子供が好きそうなメニューも豊富。お子様カレーとかありがたかった〜。

和食の定食にも少しブュッフェが付いてるので娘のおかずにも困りませんでした。

目の前で焼いてくれるオムレツなど、もちろん大人が食べても美味しい。

朝ご飯を食べ過ぎて、お腹が重いくらいでした(笑)

 

プールグッズの貸し出しが豊富

f:id:yuka0204bluemoon:20180828064026j:image

ホテルのプールサイドでは、タオル、浮き輪(子供用も3種類位の大きさあり)、手に付ける浮き輪、箱メガネ、砂場セットなどが無料で貸してもらえます。

(娘が付けてるパトルジャンパーは持参品です)

ホテル周辺で遊ぶだけなら浮き輪の持参は不要!

ホテル内には水着の脱水機(無料)もあって、便利でした。

 

注意すべきポイント

目の前の海が遊泳禁止になることがある

東急の売りは、目の前に東洋一とも言われる与那覇前浜ビーチがあること。

ビーチで遊んでそのままホテルに帰れるのがいいと思って予約する人もいるはず。

しかし、波が高いと遊泳禁止になるようで、晴れていても遊泳できない可能性があります。

那覇前浜ビーチは来間島との間にあるので意外と波が高いようで、今年はほとんど遊泳できない状態みたい。

(我が家も遊泳できず)

f:id:yuka0204bluemoon:20180828062954j:image

写真だと穏やかそうに見えるのですが。。。

 

繁華街まで遠い

宮古島に行って困るのが晩御飯。ホテル内にもレストランありますが、高いし(笑)、せっかくなので町の中心部のお店でご飯を食べたい、そう思って平良まで行こうとしても、結構遠い。

タクシーで片道2000円くらいかかるので、毎日出るには勇気がいります。

(どっちかがお酒我慢すればいいんだけど、せっかくだしね〜。)

 

レストランやツアーの予約が早々に埋まる

東急には海を見ながらバーベキューができるテラスや、各種ツアー(ナイトツアーとか)がありますが、子連れ客が多いので予約がすぐにいっぱいになります。

我が家も3日目にしてようやく屋内バーベキューの予約が取れました。

f:id:yuka0204bluemoon:20180828064047j:image

出発前から予約しておくのが正解です。

 

まとめ

注意すべきポイントはありますが、子連れで行くには楽なホテルでした!

 

  

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村